賃貸住宅の所有者は築年数の経過と共に建物が古くなってきて、退去者が発生して一旦空き部屋が生じると次の入居者がすぐ見つかるかと気がかりになります。

賃貸アパートを借りるメリット

入居契約時に特約条項で、ある程度の模様替えを認める賃貸住宅

賃貸住宅の所有者は築年数の経過と共に建物が古くなってきて、退去者が発生して一旦空き部屋が生じると次の入居者がすぐ見つかるかと気がかりになります。特に、通勤、通学や買い物の利便性あるいは公園施設のある生活環境の良さ等、何らかの立地条件に恵まれているわけでない地域で入居希望者がいつまでも現れないと賃料収入減が気になり出します。そこで、賃貸住宅サイトや不動産仲介業者から周辺の賃貸物件の相場や入居率等の情報を知り、昨今は借り手市場化している状況に気づくと賃料や入居時の諸費用を下げる気持ちになってきます。

しかも、最近、住宅購入を諦めて賃貸住まいを決め込む人が増えていますが、時折り模様替えしたり、色々な住まい方をしたいと考えている人が増えています。このような考えの人は更新料を払う時期が近づくと新しい住宅設備を設置した賃貸物件に住み替えしながら暮らそうと思っています。このため、賃貸住宅の所有者の中には退去者が出て行って一旦空き部屋が生じるとまだ築浅物件で十分住めそうでも模様替え程度のリフォームに踏み切ろうと考える所有者も増えています。

一方で、一部の賃貸住宅では入居契約締結時点で壁紙の張り替えや棚の設置等の簡単なリフォームを入居者の自由に任せる特約条項を賃貸契約に盛り込んで、できるだけ入居し続けてもらおうとする試みをする家主がいて、実際に入居者の引き留めに成功しているようです。最近、賃貸住宅の入居者にも自分流の住まい方を求める意識が強まっており、室内を自分で模様替えをしたがっています。賃貸住宅でも家主として自分で出費せずに入居率を高めることができるので、模様替え程度のリフォームを入居者の自由に任せる方法として賃貸市場を拡大するきっかけになる可能性があります。

話題のネタを用意。役立つこのサイトをチェックしてください