賃貸を契約する際に敷金を要求される場合があります。

賃貸アパートを借りるメリット

賃貸の契約時には汚れなどに関する確認をしておく事が重要です

賃貸を契約する際に敷金を要求される場合があります。敷金は原則として退去する時に返ってくるのですが、部屋の中に汚れなどがあった場合には、それらを元に戻すための費用が差し引かれた残額のみが返金されるということになります。そんな場合に問題となるのが、その汚れがいつ着いたものなのかということです。入居時に既に付いていたのであればその責任をとる必要はありませんが、大家側はそういったことはなく入居後つけられたものだということを理由に敷金から修復に必要な費用を差し引かれる場合があります。

入居する前から付いていた汚れについて責任を取らされるのは納得のいかないことではありますが、それを証明することが出来なければ大家を納得させることもできません。そこで良い方法があります。それは契約をする前の内見の段階で確認をしておくということです。口頭で汚れがあるという会話をするだけではなく、写真を撮ったうえで大家側にそれを確認してもらいます。そうしておけば、入居する前から付いていた汚れについて退去時に責任を問われるということは避けられます。その結果、敷金からその汚れに関する修復費用を差し引かれるということもなくなります。

話題のネタを用意。役立つこのサイトをチェックしてください